Apple Pay

Apple Payの概要

iPhoneやApple Watchなどをかざすだけで、全国の電車やバスに乗ったり、買物したりできるサービス。アプリのダウンロードせずに、Walletアプリにクレジットカードなどを設定するだけ。

タイプ

NFCチップポストペイ

対応スマートフォン機種

iPhone XR、iPhone XS iPhone XS Max iPhone X iPhone 8 iPhone 8 Plus iPhone 7 iPhone 7 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone SE
Smart Watch

対応している電子マネー

iD QUICPay Suica

登録できるカード

アプラス、アメリカン・エキスプレス、エポスカード、オリコカード、クレディセゾン、au Walletカード、JCB、静銀セゾン、ジャックス、住信SBIネット銀行、セゾン、セゾンCS、大和ハウスフィナンシャル、高島屋クレジット、トヨタファイナンス、JR西日本、VIEWカード、三菱UFJニコス、UCS、ゆめカード、楽天カード、りそな、Yahoo!JAPAN、au WALLETプリペイドイオンカード、dカード、JFRカード、セディナ、ソフトバンクカード、ペルソナ、ポケットカード、三井住友カード、ゆうちょ銀行カード、ライフ、その他全国の銀行のカード

登録したクレジットカードは店頭でiD、QUICPay、QUICPay+払いとして使える。

クレジットカードの登録方法

Apple Payにクレジットカードを登録するにはカメラを使ってクレジットカードを読み取るだけです。

  1. Walletを開く
  2. +をタップ
  3. カードをスキャンしてカードを追加するか手動で入力 (カード番号と有効期限を読み取り、名前とセキュリティコードは手動で入力する)
  4. 画面の指示に従い完了するとクレジットカードがWalletアプリケーションの中に入る
  5. 本人確認の認証コードがSMSなどで送られてきて認証が完了

Apple PayでQUICPayを使う

QUICPayとは

Apple PayでQUICPay

お店のリーダー端末にスマートフォンをかざすだけでお支払いが完了し、様々なポイントやマイルがたまるとあって賢く買い物をしたい方に人気。当初のカードをかざして行う決済からApple PayとGoogle Payの普及に伴いスマホ決済として利用者が増加中。

公式HP:https://www.quicpay.jp/about/

そして、
QUICPay+は今までのQUICPayをより便利に使いやすくした新しいサービスで、2万円以上の買い物や、クレジットカードに加えてデビットカード・プリペイドカードでも利用できるになった。

使用可能店舗:50万件(2016年)

QUICPayが付与されるカード

アプラス、アメリカン・エキスプレス、エポスカード、オリコカード、クレディセゾン、au Walletカード、JCB、静銀セゾン、ジャックス、住信SBIネット銀行、セゾン、セゾンCS、大和ハウスフィナンシャル、高島屋クレジット、トヨタファイナンス、JR西日本、VIEWカード、三菱UFJニコス、UCS、ゆめカード、楽天カード、りそな、Yahoo!JAPAN、au WALLETプリペイド など

QUICPayのカード登録

  1. Walletを開く
  2. +をタップ
  3. クレジットカードをスキャンしてカード番号を読み取り、名前とセキュリティコードを入力
  4. クレジョットカードが登録されて、「次へ」
  5. Apple PayでQUICPay
  6. カードの認証方法を選択>SMS認証で行ってみる。届いた8桁の認証コードを入力して「次へ」
  7. ApplePay スマホ決済
    ApplePay スマホ決済
  8. 認証が完了。SMSに「お客様のクレジットカード情報はApple Payに登録されました。」のメッセージが届いて登録完了。
    Apple PayでQUICPay

利用方法

  1. QUICPayマークがついているお店で会計時に「クイックペイで支払います」と伝えます。
  2. Walletアプリを開き使用するクレジットカードを選択して、 FaceIDかTouchIDで認証し、「リーダーにかざしてください」と表示されたらレジ横にあるリーダー端末にかざす。
    ApplePay スマホ決済
    ※端末裏の上部にあるNFCチップを近づける。 ※「リーダーにかざしてください」が出ない場合は、あらためて認証動作を行う。
  3. リーダー端末が緑色に光り、「クイックペイ」という決済音が鳴るとお支払い完了。決済音

Apple PayでiDを使う

iD(アイディ)とは

Apple PayでiD

電子マネー黎明期の時にいち早く登場した電子マネーで、普及率が高く、使えるお店が多く、使った分だけ後払いの「ポストペイ型」以外にも、事前にチャージして使う「プリペイド型」、口座残高の範囲内で使える「デビット型」がある。

公式HP:https://id-credit.com/

iDが付与されるカード

イオンカード、dカード、JFRカード、セディナ、ソフトバンクカード、ペルソナ、ポケットカード、三井住友カード、ゆうちょ銀行カード、ライフ、その他全国の銀行のカード

利用方法

  1. iDマークがついているお店で会計時に「iDで支払います」と伝える
  2. Walletアプリを開き使用するクレジットカードを選択して、 FaceIDかTouchIDで認証し、「リーダーにかざしてください」と表示されたらレジ横にあるリーダー端末にかざす。
  3. リーダー端末が緑色に光り、決済音が鳴るとお支払い完了。決済音